【ポケモンGO】初心者が絶対に知っておくべき28のポイント【保存版】

ポケモンGOチュートリアル1

ポケモンGOは、捕獲、孵化、育成、強化、進化、ジム戦など、多くの遊び方がありますが、どれも説明が不十分でわかりづらいですよね。今回は、ポケモンGOを始めたばかりの人にとって、わかりづらいけど、絶対に知っておくべきポイントを20個解説します。(博士の解説よりかは参考になるかと・・・!w)

スポンサーリンク

目次

全般の覚えておきたいポイント

ニックネームは1回だけ変更可能

最初につけたトレーナーのニックネーム(プレーヤーの名前)って実は後から変更することが可能です。こちらの機能は、万が一本名をつけてしまった場合などのためのものなので、基本的に変更は1回しか出来ません。名前は慎重につけましょう。(ドラクエで、「ああああ」にしてしまったときを思い出しましたw)
①モンスターボールのアイコンからメニューを開く⇒右上の「設定」をタップ。
uploaded (1)
②「ヘルプセンター」を選択。
uploaded (2)
③「リクエストを送信」を押してポケモンGOの公式ホームページ上のメニューを開きます。
uploaded (3)
④「ニックネームや所属チームの変更」を選択。
uploaded (4)
⑤新しいニックネームを入力し、「ニックネーム変更リクエスト」を選択して完了です。
uploaded (5)
注意点として、変更が反映されるまで、長くて数週間の時間がかかります。気長に待ちましょう。

所属チームは変更不可能

最初のチュートリアルで選択する、「チーム ヴァーラー[赤]」「チーム ミスティック[青]」「チーム インスティンクト[黄]」の3種類のチームは、後から変更することが出来ません。よくよく考えてチームを選びましょう。
すでにチームを選んでしまった人は…仕方ない、一生骨を埋める覚悟で、所属チームを愛しましょう!特に各チームごとの強さの違いや、特典の違いはありません。完全に好みの問題ですね。

くるくる回したポケストップは5分経過で再び使用可能

ポケストップに近づいて、画面をスワイプするとアイテムがもらえるのは、ゲーム内のチュートリアルで説明があるかと思います。しかし、一回取ったらもう取れないの?と不思議になるはず。ポケストップは、5分経過すると再度スワイプして何度でもアイテムをゲットすることが出来ます。少し時間を置いて定期的にアイテムをもらいにいきましょう。

・タマゴは捨てられません

ポケストップからたまに手に入るポケモンのタマゴは、最大で9個所持出来ます。タマゴには、2km,5km,10kmと3種類あり、距離が大きいほど、レアなポケモンが出る可能性があります。ポケストップを巡っていると、すぐにタマゴが所持上限に達してしまうと思います。そこで、2kmタマゴを捨てて、10kmタマゴを狙いたくなるものですが、なんとポケモンのタマゴは捨てることが出来ません。よって、次のタマゴをもらうためには、一個ずつ歩いて孵化させる必要があるのです。無限孵化装置は、2kmに使って、どんどん孵化をさせていきましょう。

同じ位置で約1時間毎にポケモンが湧くスポットが有る

一般的に「ポケソース」と呼ばれる場所のことです。ポケソースからは、「隠れているポケモン」が出る可能性があります。ポケソースによって出現したモンスターは、モンスターの足元に白い輪っかのエフェクトが付きます。また、ポケソースから湧くタイミングには周期があります。1時間に一回。たとえば、とあるポケソースで、1:15に湧いたとすると、次は2:15に再度ポケモンが湧くことになります。ポケソースの位置は基本的に変わらないので、近場のポケソースの湧き時間を把握することで、効率的にモンスターを捕獲していくことが出来ます。

お香は自分にだけ効果がある

お香の効果は自分にしか発生しません。お香を炊いて、カップル同士、友達同士で効果を共有することは出来ません。ポケストップ周辺の出現率をアップさせる、「ルアー」アイテムであれば、周りのユーザーと効果を共有することが出来ます。

ルアーは、3分ごとにポケモンが出る

ポケストップでルアーを使うと、自分を含め、ポケストップ周辺にいるひと全員に効果があります。ルアーで出現するモンスターの湧くタイミングはおよそ3分ごとに1匹です。

ポケモンの巣と呼ばれる、特定のポケモンが出やすいエリアがある

ポケモンGOの楽しみのひとつ、ポケモンの巣です。特定のレアなポケモンが集中して湧き出るエリアをポケモンの巣と呼び、有名なスポットは連日トレーナーで賑わっています。東京だと、上野公園や井の頭公園などが人気ですね。ポケモンの巣は、イベントのような性質でもあるので、定期的に「シャッフル」、出現するモンスターの入れ替えが行われます。当サイトでも最新のポケモンの巣の情報をいち早くお届けしています。

レアポケモンの出現は、湧き後15分間、周辺の他プレイヤーと共有される

これもポケモンGOの楽しいところ。レアなポケモンが出現したときは、自分だけではなく、周辺の人も同時に捕獲する人が可能です。(他の人がゲットしたからといって、自分の分が無くなったりはしません)
なので、誰かが「カイリューいたぞ!」と叫ぶ声が聞こえたら、急いでその周囲にいき、おこぼれをゲットしましょう。湧きの制限時間は15分程度と言われています。

ARをオフにした方が捕獲しやすい

カメラの画像越しにポケモンを捕まえるのが特徴のゲームですが、実はAR機能をオフにしたほうがポケモンを捕まえやすいです。ARをオンにしていると、ポケモンが右左に逃げまわるのですが、オフにすると逃げることがありません。周囲への配慮も考えて、常時オフでプレイするのが快適でしょう。

時速10km以上で移動しているときはペナルティあり

電車やバスに乗っているときにポケモンを捕まえるのが捗る気がしますが、実は移動中にはペナルティが発生しており、ポケモンが非常に逃げやすくなっています。捕獲出来ないことはないですが、出来る限り停止している状態で捕獲するようにしたほうが効率的でしょう。車や自転車の運転中にプレイするのは厳禁です。

バッテリーセーバーをオンにすると不具合が発生することあり

スマホを逆さまにすると、画面をオフにして、消費電力を抑えてくれる便利な機能ですが、こちらのバッテリーセーバーを有効にすると、画面操作を受け付けなくなるバグが発生することがあります。私はiphone5sでプレイしていますが、頻繁に画面が固まるため、この機能は使っていません。もし原因不明のフリーズが発生したら、バッテリーセーバーがオンになっていないか見てみてください。

ポケモン捕獲の際、円が小さい時ほどのボーナス経験値が多くもらえる

ポケモンボールを投げるときに、ポケモンの身体に見える円ですが、こちらの円が小さいときにHITさせると、「ナイススロー」「グレートスロー」「エクセレントスロー」と3段階でボーナスexp(経験値)をもらうことが出来ます。エクセレントは難しいですが、100expももらえるので、狙ってみるのも良いでしょう。なお、円の大きさによる捕獲率には影響はありません。

ズリの実使用後、1度ボールから脱出されたら再度使用する必要あり

ズリの実は、一個ずつしか使えないですが、ズリの実を使ってボールを投げて、そのボールからモンスターに脱出されたら、再度ズリの実を使う必要があります。一回の戦闘で一回しか使えないわけではありません。モンスターボール1投につき1回使用することができます。

ジム関連のポイント

HP満タンにしないとジムにポケモンを設置出来ない

これは意外と気づいていない人が多いと思います。HPは中途半端に快復させた状態では、ジムに再設置が出来ません。必ず傷薬で全回復させましょう。

ジムの名声はトレーニングで上げること

ジムには、「名声」と呼ばれるジムレベルの概念が存在します。敵チームのポケモンを撃破することで名声値を下げ、ジムを奪還刷ることが出来ます。味方のジムでトレーニングすることで名声を上げる事ができます。見方チームのジムではどんどんトレーニングをして、名声を上げ、防衛力を強化しましょう。

敵のジムは配置ポケモンを倒すと名声が下がる

敵チームのジムは、ポケモンを倒すと名声が下がります。名声を下げていくと、配置出来るポケモンの数が減っていきます。CPが低い順にジムから追い出されていき、名声を0まで下げることができると、空ジム(白いアイコンのジム)になり、奪還することができます。

ジム確保中にメニュー画面右上の盾をタップしてポケコインをゲットしよう

ジムを占拠しているときに、メニュー画面の右上の「盾」アイコンをタップしてみてください。報酬としてポケコインがもらえます。もらえるポケコインはジムに置くことが出来るポケモンの数によって変わります。(ジムレベルが高いとたくさんもらえる)。配置後すぐに貰えますが、次にもらうことが出来るタイミングは、21時間後です。

対戦中にジムのエリア外に出るとバトル強制終了

ジムバトル中は、必ずジムの側から離れないようにしましょう。エリア外に出るとバトルは強制終了になります。電車に乗りながらジム戦などは難しいですね。

減ったHPは自動回復しない

ジムでダメージを受けたり、やられてしまったりすると、ポケモンをジム戦で配置することが出来ません。HPは時間経過で回復することはありません。なので、HPが減ったらかならず元気のかけらやきずぐすりを使って回復させましょう。

一度ジムに設置したポケモンは倒されるまで手元に帰ってこない

特に田舎は注意です。一度ジムに配置したポケモンは、手動で手元に戻すことが出来ません。必ず誰かに倒されてから戻ってきます。なので、誰もジムバトルを行わないような過疎地で強いポケモンを置いてしまったら、何週間も戻ってこないことも・・・。しかし、ポケコインは美味しいですけどね。

育成関連のポイント

サイズと強さの関連性は無し

ポケモンのサイズ(XLやXSなど)や、重量、身長などは、現状ポケモンの強さ(CP、HP、攻撃力、防御力など)に関係がありません。今後の追加要素で何かしらの意味を持つ可能性がありますが、現時点ではポケモンの厳選には考慮しなくて良いと思われます。

トレーナーレベルが低いうちは、「強化」しなくてOK

ポケモンを捕まえたときの上限CPなどは、トレーナーレベルに依存しているため、トレーナーレベルが低いうちに捕まえたポケモンを強化しようとすると、とてつもなく大量のほしのすなが必要になってしまいます。なので、序盤はトレーナーレベルアップと、飴集めに集中するのが良いでしょう。トレーナーレベル20を超えたら、本格的に厳選・強化を始めるのが効率的です。

トレーナーレベルが上がると、ポケモンの強化限界も上昇する

トレーナーレベルがあがると、ポケモンの最大CPの上限があがります。なので、MAXまで強化したと思っていても、トレーナーレベルが上がれば、追加でほしのすなを使ってさらにポケモンを強くすることが出来ます。

個体値ってなに?

個体値とは、ポケモンそれぞれ固有の隠しステータスのようなものです。同じ種類のポケモンでも、強化限界値が違ってきます。個体値には、HP、攻撃力、防御力の3種類に対して設定されており、現在のトレーナーレベル、ステータス、育成段階によって推測することが可能です。世の廃トレーナー達は個体値100%のポケモンをゲットするために、日夜狩りを続けているのです。

「強化」と「進化」どちらを先にすべき?

結果的に、モンスターの個体値が同じであれば、最終的なポケモンの強さ(CP)などは変わりません。ただ、進化したときにもらえる経験値のほうが美味しいため、先に進化を優先したほうがメリットがあるでしょう。

アイテム欄を開いた状態でポケモンが逃げるとフリーズする

ポケモンボールを投げて、失敗し、ポケモンが逃げ出す瞬間に、アイテム欄を開いているとアプリが操作不能になることがあります。再現性の高いバグなので、ボールを投げたときにアイテム欄を開かないようにしばらく様子を見るようにしましょう。捕獲中の画面でいくら放置してもモンスターが時間経過で逃げ出すことはないので、落ち着いて。

レベルアップのタイミング

経験値バーがMAXになってもレベルアップしない?と不思議に思うときがあります。実はレベルアップのタイミングは、経験値バーがMAXになったあと、もう一回経験値を得たときに行われます。心配しないで大丈夫。


以上、ポケモンGOで抑えておきたいポイントでした。初心者には非常にわかりづらい部分が多いですね。知っていくとより楽しくなっていくので、ひとつずつ覚えて慣れていきましょう。

スポンサーリンク

↓フォローして最新情報を受け取る

ポケモンGO – オススメ記事