【ポケモンGO】「不正ユーザーはBANする」運営が公式発表!

ポケモンGO・BAN

兼ねてから騒ぎとなっていたBAN騒動ですが、運営がついに不正ユーザーのアカウント停止処分について、公式サイトで明言しました。以下、公式サイトからの引用です。

不正行為について

トレーナーの皆様、

多くの不正行為のご報告を受け、 Pokémon GOを不正に有利に進めたり、悪用しているユーザーに対しての対応を開始致しました。今後、明らかな不正行為が確認できたアカウントに関してはアカウント停止の措置を取ることとなります。

我々はPokémon GOが皆様に公平に、正当に、プレイを楽しんで頂く事がもっとも大切であると考えており、今後もゲームの最適化や不正行為防止システムの改善を進め、プレイ体験の向上に努めて参ります。

我々のシステムが不正行為を検知すると、該当のプレイヤーにはEメールにて連絡をしております。もし、あなたのアカウントが間違って停止されたと思われる場合は Pokémon GO ヘルプセンターからご報告くださいますようお願いいたします。

pokemonGO公式サイト

このように、不正行為を行ったユーザーに対して、システム的に検知をし、アカウント停止処分を下すことが明かされています。アカウント停止の際は、Eメールでの通知が来るようです。普段ポケモンGOの運営からメールなんてほとんど届かないですが、来たらドキッとしてしまいますね…。

スポンサーリンク

アカウント停止にならないために。不正行為とは?

運営は、公式サイトにて、不正行為を下記のようなガイドラインを設けています。

不正行為(チート): 不正行為はやめましょう。フェアなプレイをお願いします。Pokémon GO はモバイルデバイスでプレイでき、あなたを外の世界に誘い、世界を発見させるよう作られています。残念ながらチートの手段は次々に生み出されますが、少なくとも以下のものを含みます。変更を加えた、また非公式のソフトウェアを使用すること。複数アカウントでプレイすること。(1プレイヤー 1アカウントでお願いします。)アカウントの複数人での共有。位置情報を変更したり操作したりするツールや技術の使用。アカウントの販売や交換。もし不正行為の疑いがある方を発見した場合は、ヘルプセンターから連絡してください。
Pokémon GOトレーナーガイドライン

非公式のソフトウェアを使用すること。
複数アカウントでのプレイ。
アカウントの共有。
位置情報の偽装、及び、偽装出来るツールの使用。
アカウントの販売、交換など。

この中で特に注意したいのが、「非公式のソフトウェアを使用すること。」ですね。「pokeIV」のような個体値計算ツールも規約違反とみなされBANになる可能性は高いです。

また、上記に上げたのは一例にすぎず、今後予期せぬ新しいチート(ズルいプレイ)が出てきたら、随時BANの対象になっていくことでしょう。ひとり一アカウントで、しっかり歩いてポケモンゲット、本来あるべき正しいプレイを心がけていきましょう。

もし心当たりがないのにBANされてしまったら…?

下記、専用のヘルプセンターより異議申し立てを行うことが出来ます。
ヘルプセンター

見に覚えがないのに停止されてしまった場合、不正をしていない根拠として、アカウントに使用しているメールアドレスとともに、いつ、どこでプレイをしていたか詳細な時間や、移動経路、アプリの起動状況などを伝えると良いかと思います。

規約違反は絶対に厳禁です。ルールとマナーを守って楽しくポケモンGOをプレイしましょう。

スポンサーリンク

↓フォローして最新情報を受け取る

ポケモンGO – オススメ記事